吟行句会

白壁の往古を偲ぶ春の寺

今日は入会したばかりの俳句会吟行デビュー。

技芸天さんが人気の秋篠寺だ。
ここは桓武天皇の父・光仁天皇勅願のお寺で、称徳天皇・道鏡事件のあと61歳で即位した天皇は血なまぐさい政争を避けるためひたすら酒の日々を送ったことで知られる。没後桓武が一周忌の齋会を大安寺で営まれたという故事により、毎年1月23日には大安寺で光仁会(こうにんえ)が行われ笹酒がふるまわれるほどである。筆者は当日あまりに寒かったので今年の光仁会は遠慮しておいた。

天皇は天智の皇子・施基親王の皇子で白壁王といわれた人である。施基親王といえば百人一首に一家言のあなたもわかるよね?

追)俳句の表記は語句のあいだにブランクをあけないものだと聞いたので今日からそのように書いていきます。

黒い山

大路より見上ぐる毎の末黒かな

恒例の若草山焼きが1月26日にあったので、今頃の山容は遠目にも真っ黒であることが分かる。

この状態を末黒(すぐろ)というのだが、吟行地から句会会場に向かう途中登大路を歩いていて見えた光景を詠んだものだ。県庁のビルの間から見えた姿からは、焼けた部分と残された部分がはっきり分かるように見え大層迫力があった。

実は山焼きの翌日当地では積雪があって、自宅にいながらきっと若草山では白と黒のコントラストが素晴らしいだろうなあと想像だけで終わってしまったので市内から来た方にそのことをうかがうと、それは大層素晴らしいものだったと聞いて今度チャンスがあったら来ようと思ったのだった。

奈良を愛した歌人

春泥や見つけし歌碑の黒御影

奈良には奈良を深く愛した会津八一の歌碑が多い。

秋篠寺を南門から入ってすぐ左の林の中にもその歌碑はあった。

秋篠のみ寺を出でてかえり見る生駒ヶ岳に日は落ちんとす

よく磨き込まれた黒御影には本人揮毫による全ひらがなの達筆が刻まれている。

発進

天向けてその芽突き上ぐ白木蓮

めいめいの居場所定める白木蓮

秋篠寺の木蓮
梅がそろそろ終わりに近づいたなと思ったら次は白木蓮の番だ。

三月、散歩などしていると、背の高い白木蓮の枝いっぱいに、白くて大きな花が天に向かって突き上げるように咲いているのに出くわすことがある。いよいよ本格的な春が来たことを実感する瞬間だ。
その一月ほど前、立春を過ぎる頃寒い間それまで蕾を守っていた顎を落とすと、猫柳のような和毛の芽が顔を出す。春への発進である。

紫木蓮は桜が終わった後になる。

土佐街道

信号のながい坂みち古雛

昨日は高取町の「町家のひなめぐり」で吟行会があった。

奈良盆地の南端最奥部、電車で行けば近鉄吉野線で飛鳥の次の駅「壷阪山」で降りると、すぐにかつての高取城城下町を東西に貫く「土佐街道」と呼ばれる町家の家並みが続く。「町家のひなめぐり」とはこの街道に沿って各町家で披露されている古雛を訪ね歩くイベントで、今年で7回目になるそうである。
一方、高取城というのは日本最大規模の山城で、備中松山城(岡山県)・岩村城(岐阜県)とともに日本三大山城の一つに数えられる(Wikipedia)。当時の城郭を再現したイメージ写真をみると、たしかにスケールにおいてもなかなかのものであり、今は城跡しか残されてないがそこを巡って飛鳥へ抜けるハイキングなどファンは多いと聞く。
町並みの名「土佐」のいわれは、何でも6世紀初め都の造築にあたって土佐から連れてこられた使役人夫が帰ることができなくなってこのあたりに居を構えて棲みついたんだとか。何とも古い時代の話で、すぐ隣接する飛鳥が帰化人たちの土地だったという話と合わせて、あとから都に来たものが盆地の中で残った土地をよすがとし、さらに都がふくらんでゆく話というのは実に面白いものだと思う。

掲句だが、駅を降りたあと吉野へ通じるR169を越えるとき歩行者用押しボタンを押して渡るのだが、これが結構長い時間信号が変わらないのだ。しばらく待たされてから、ようやく山城に続くゆるい上り坂の雛巡りが許される。

明日からは高取を句材にしたものをいくつか披露していく予定。

追)浪曲の「壺阪霊験記」で有名な壺阪寺もあります。

七つの心得

肩越しにめでる雛や連子窓

土佐街道には「まちなみ作法七つの心得」と言って、古い町並みを維持するためのいわば景観維持協定のようなものがあるようだ。

その一つが道路に面した窓には連子格子などを用いることという決まりがあって、町の表情に一定のリズムを与えている。
雛巡りは玄関の土間から座敷を拝見するのが多いのだが、なかには道路側の連子窓から見せていただく趣向の家もある。グループでぶらぶら歩きしたりすると、いきおいみんなが同時に狭い窓の中をのぞき込むことになるので仲間の肩越しに見るということになる。
さらにこうした場合説明してくれる立会人もいないので、雛のいわれが書かれた小さな「謂書」を読もうとさらに首を前へ突き出しては窮屈な姿勢を強いられることになったりもしたり。

町家の古雛

このようにして、百近くもある町家の雛飾りをひとつひとつ巡っていると春の一日はたちまち過ぎてゆく。

竹取物語

ものがたりここに発せり竹雛

竹を割って節の間から顔を出した雛もある。

あるいは簀玉(すだま)びなと言って、一本の竹を細かく割いて丸く編んだ雛を隠れ部屋への階段にひっそりと展示してくれる珍しい趣向の家もある。

諸説によると、高取はその昔翁が住んでいた場所で、「竹取」は「タカトリ」とも読み高取山が竹取説話の舞台であるという。真偽のほどはともかく、このような説をちゃっかり地元PRにも用いるしたたかさが町にはあり、町の人たちの意気込みも十分感じ取れるというものだ。

そう言えば通りには青竹踏みを売る店もあり、このあたりには竹林が多いのかもしれん。

折り目

雛衣の色褪せしける旧家かな

古代雛ともなると日焼けし色褪せもしてくる。

それでも、何代にもわたって受け継がれてきた家の歴史を誇るように、毎年毎年雛を飾るのである。武家であったろう家には雛の間に鎧兜も、刀や槍、長刀などもあろうし、商家には商いの品々もあろう。
何百年と続いた城下町に住む人たち自身も、あらためて我が町の歴史に思いをいたし我が町を愛しむのだ。

色褪せたりといえど、雛の衣は折目正しく緊張を保っているのである。

大和の薬売り

草の名をまた習ひけり鳥曇

高取町は昔から薬の町である。

7世紀初め推古天皇がこのあたりで薬狩りを行ったというから、昔から薬草などが豊富な土地だったのだろう。その後も修験者によって「大和売薬」が各地に広がり、江戸時代には置薬として行商が始まったというほど隆盛を誇った。
今でも町には10社あまりの製薬会社があるし、昔ながらの店構えで漢方薬を扱う店があったりする。
何よりも、土佐街道にはゲンノショウコ、ドクダミなどいろいろな薬草の絵を焼いたタイルが10メートルおきくらいに敷設されているので、町に一歩足を踏み入れた途端ここは薬の町だということが知れるのだった。

寝釈迦

葛城の寝釈迦なぞれり秋津島

阿波野青畝の句が好きだ。

青畝は高取町出身で代表作に「葛城の山懐に寝釈迦かな」があるが、この句碑が句会会場の裏手にあるというので取りも直さず拝見となった。この場所に立ってみると金剛、葛城の山が真向かいに見え、なるほど葛城の山容をなぞってみると釈迦の涅槃像のようにも見える。難聴で終生悩んだ青畝にとっては残った感覚の視覚、嗅覚などが作句のより所であったと思うが、まさしくここから見える光景こそ幼少時代から見慣れていた葛城の姿であり、青畝だから詠めた句ではないかと思えるのだった。

この日は、葛城も金剛もシルエットだけしか見えない。昼霞がすべてを覆って神武が国見をしたという春の秋津島が茫洋と広がっている。

今日は東日本大震災から二年、もうというかまだというか。

山人は海地震(なゐ)知らず三一一忌

当地の人に2年前のことを聞いてもあまり切迫感がないような反応が多い。この地が地震に襲われて他国に通じる僅かな道がすべて崩壊してしまったら、救援しようにも数日は入れない状況になるのが見えているのだけど。

環濠集落

古町の暖簾括れる日永かな

中世から江戸期にかけて栄えた環濠集落の町・今井町で句会吟行があった。

満開の飛鳥川

駅を降りるともう花、花、花。
飛鳥川の両岸は川を覆いつくすほど満開。

今井町入り口の榎
おまけに、町の入り口では魔除けとされる樹齢400年を超える榎が新芽を吹いて迎えてくれる。
真宗の寺内町として興され信長にも抵抗したが、その後降伏ののちは商業に活路を見いだし、やがて大名貸しなどによってたいそう栄えた環濠集落全体が国の歴史的建造物保存地区に指定されており、多くの建物が重文となっている。今井の町家は決して華美ではないものの、厳しい町掟の枠で許される様々な意匠をこらした設えに特徴がある。

それだけに句材はいろいろあったのだが、ものにすることは難しいものだ。五句提出はクリアしたものの、今日も己の実力を認識する会となってしまった。じっくりブログで句にしていきたいと考えている。

そんぼの柳

太子道柳芽吹ける蘇武井かな

環濠の東側飛鳥川沿いに、かつて集落の飲み水をまかなった井戸があった。

「蘇武井」(そぶい)と呼ばれる井戸は水清らかで日照りが続いても涸れることがなかったという。
聖徳太子が飛鳥と斑鳩を往復する道筋にあたっていたのだろうか、太子が駒をとめ給水されたとも伝わる古い井戸である。そばの石碑には「今井ソンボの朝水汲みは桶がもるやら涙やら」と歌の一節が刻まれており、毎朝水汲みをする苦労を歌っている。
一体は最近きれいに整備されて、井戸の傍らにあらたに柳が植栽されており、枝まで緑色した若い柳の芽がひときわ柔らかそうだった。井戸に柳というのは定番で、おそらくその昔も柳の枝が揺れる姿がみられたことだろう。

ちなみに、ここは自宅から飛鳥川伝いに飛鳥へ出る自転車道の道筋にあたっており、このあたりから川が東側におおきくカーブしながら飛鳥の里にのぼってゆく。

茶室跡で

椿守一輪活けて去りにけり

集落西の端に当時の様子をとどめる環濠が残されている。

内濠、中濠、外濠という3重に構成された堅固な要塞都市だったことが分かるのだが、訪れたとき落ち椿が壕一面に浮いており、蛙は鳴くは、羽化したばかりの水馬はいるはで、句材には事欠かない風情であった。
惣年寄だった今西家の茶室があったあたりは、壕に隣接した公園として提供され、杏、榎の初々しい芽が吹いたばかり。折良く公園管理を委嘱されている人がやって来られて、やおら公衆洗面所のペットボトルに、今を盛りに咲いているのを剪ってきた椿一輪を挿したとおもったらさっさと立ち去って行かれた。一連の動作はまるで毎日の日課でもあるように、挙措にまったくよどみがなく、何事もないがごとく済むのであった。

景観維持

潜戸のみ付替へてあり燕来る

茶褐色の枠の中に白木のコントラストが目を引く。

長い年月馴染んだ玄関格子戸の潜り戸部分だけが真新しいのだ。町全体が建造物群保存地域になっているので、重要建造物に指定されてない民家であっても古い伝統を守るため、修理を加えながら街づくりに協力しているのだろう。

協定

春愁やかたぶきをりぬ家の守

春愁や思ふにまかせぬ家普請

傾いた格子戸

通りからこの家の見える表部分は今にも崩れそうな具合である。

かろうじて倒壊を免れているのは、この表側のもたれるのを家の残りの部分が支えているからだろう。町が重要建造物群保存地区に指定されているため、歴史的な町並み維持のために各家は定められた建築基準に従わなければならない。ただ、後継者のいる家はともかく、そうでない場合は外観を維持するだけでも大変な負担であることは想像に難くない。

濠の生き物

くぐもれる声のみとどく初蛙

濠で鳴いているのは間違いないのだが姿が見えない。

方角からするとどうやら石垣の中らしいのだが、冬眠から覚めてはみたがまだ外へ出るのを躊躇しているのだろうか。

自然児のフォルム

初夏や狼像の四肢の爪

東吉野村というのは、明治期日本狼が最後に見られた村だそうです。

若い雄だったそうですが、英人に買い取られ大英博物館の標本として保管されているとか。この標本をサンプルにした狼像が同村小川地区の高見川沿いに建立されていて、近くには山茶花主宰三村純也の句碑がある。

狼は亡び木霊ハ存ふる(おおかみはほろびこだまはながらうる) 三村純也

揚句はその狼像を詠んだものであるが、鋭く太い爪をしっかり大地に踏ん張り咆吼する姿が非常に美しいシルエットをみせている像である。

清流の美声

きれぎれに瀬音混じりに初河鹿

狼像の前を台高山地を水源とする紀ノ川支流の高見川が流れている。

川としてはかなり上流に位置するのだがこのあたりは川幅も広くゆったりとした流れだ。しばらく散策してみると句材が限りないほどある。
著莪の花が乱れ咲いて沢から高見川になだれ込んでゆくかと思えば、沢水を引いた小流れの底にカワニナが点々とみられ蛍を予感するものがあったり、目の前の貯木場から崩れた材木が河原に散らかっていたり、橋の中ほどに立てばいかにもシーズン最初のような消え入るような、しかしはっきりと河鹿と分かる玉を転がすような美しい鳴き声が聞こえてきたり。さらに、河畔の木の新緑は透けて見えるほどまぶしく初々しい。

川の名前からして目の前にある大きな山はあの高見山ではないかと尋ねる人もいて、新緑の秘境を大いに楽しみながらの吟行第一歩である。ここで30分ほど時間を過ごしたあと、次に句会場の天好園に向かう道は高見山を借景に夏桜が望めるというこの季節最高のロケーションではないだろうか。

人の営み

沢水の零るるところ著莪の花

乱れ咲き沢になだるる著莪の花

よく手入された杉林の裾一面が著莪の花で覆われている。

山から沁みだした水を受けた樋からはほとばしるように飛沫があがり山水が小流れに導かれてゆく。一方、ありあまった水は沢をうがち、その沢になだれ込むように著莪の花が乱れ咲いているかと思うとそのまま高見川へと咲き降りてゆく。

著莪はかなり古い時代の帰化植物だそうである。人工林である杉山に生えているということは、なによりここには古くから人の生活があったという証なのである。

著莪の咲くすなわち人の営める

県境の孤峰

思はざる山に酔ひ余花に酔ふとは

県境は九十九折なり余花にゑふ

国道166号線、伊勢街道を下る。

三重との県境に近くなり標高1248メートルの高見山が前方に見えてくると、バスの中は歓声に涌く。もちろん初めて高見山を見る私もインターネットである程度想像していたとはいえ、こうしてあらためて肉眼で見てみると周囲を睥睨するような、いわゆる孤峰の姿というのは本当に美しい。
バスはなおも右に左に曲がりして行くとますます孤峰が近くなるとともに、そのカーブを曲がるたびに今度は次から次へと咲き残った桜が目の前に現れてくるのだ。山に酔い桜に酔う。伊勢街道の今は誰をも魅了するに違いない。