仮住まいの客

老鶯がご機嫌伺ひ仮の宿

仮住まい中の一軒家はかなりガタがきていて住みづらいことこの上ないが、唯一楽しめるのが毎朝の鶯の訪問。近所の家々を一軒一軒周回しては好い声を聞かせてくれるので、だんだん声が近づいてくるのをワクワクしながら待っている。

台風過ぎて

ぽんぽんと聞こえてくるよな花蓮田

長い間居座っていた台風6号のおかげで暑さも一幅していたが、それもどうやら今日まで。
朝の涼しい内にと、家内を誘って古代はすが咲き始めたという毎度の公園へ。
もう午前9時をまわっていたから、ぽんと音が聞こえるという開花の瞬間には当然間に合わなかったが。

地デジ移行の日

アナログのテレビはるかに大暑過ぐ

テレビの若ノ花・栃錦戦みたさに一杯数十円のうどん屋さんに駆け込んだ日。
力道山対ルーテーズ戦を手に汗を握りながら見た日。
街頭テレビで大人の肩越しに日本シリーズを見た日。
現天皇と美智子さまの結婚式のパレードを近所の家で正座して見た日。

どの映像も今のデジタルテレビと比べて決してクリアとはいえないが、記憶の方は鮮明である。

今日アナログテレビ放送が終了した。

蝉の不作年?

叢入りて蝉の恋路の邪魔となる

草むらにうっかり足を踏み入れたところ、まさに行為中の蝉を驚かせてしまったらしい。
ジッと一声鳴いて目前を飛び去ってしまった。
いつになく蝉の声が遅い年だが、気づかないところで生物たちの営みは続いているようだ。

コントラストの夏

夏日傘踏切りに落つ影の濃き

この時期の物の影というのはすべからく濃いものがある。
炎暑に炙られた踏切の眩しさと、それを渡る人たちの影もまたコントラストを強めていた。

夏はコントラストの季節である。

鎮魂の神事

野馬追や鎮魂の法螺立てるなり

今年の相馬野馬追いでは、震災や原発事故もあって神旗争奪戦などの勇壮なイベントは中止となったが、震災犠牲者を悼む法螺貝が一斉に吹き鳴らされた。
法螺を吹いて鳴らすことを「法螺を立てる」といい、このたびの吹奏はその立螺(りゅうら)の作法にかなった追悼のものだと聞いた。
今年の野馬追いは神事としての重い行事である。

甲子園へ

県予選球児のなみだ眩しけり

甲子園めざして各地で連日熱い戦いが続いている。
念願かなって甲子園への切符を手に入れたもののうれし涙、逆にあと一歩及ばずで悔し涙にくれる若者たち。
この涙はこの日に向けて青春のすべてをかけてきた者だけのもの。
燃焼しつくせるに値する目標をもつ若者たちはうらやましいほど眩しく輝いている。

猫でも暑い

夏茣蓙に昼寝の猫のしどけなし

エネルギーをもてあましている若猫たちでさえ暑いとみえ、手は万歳、足は全開状態でながながと伸びている。今風夏茣蓙、冷却マットでの昼寝は気持ちよさそう。

大きな音が苦手

雷鳴や猫も耳栓欲しげなり

今日も猫ネタで。
黒猫のホダカは大きな声や音が苦手である。
夕方、雷さんが一声とどろくと、いつものように何処かに雲隠れしてしまった。

高齢化進む街で

夏祭り子供御輿の触れ歩き

笛や太鼓の音が近づいてきたので窓から眺めていると、子供御輿のお通りだった。
造成後40年のサラリーマン主体の住宅街では高齢化が顕著。一人暮らし老人世帯が実に多い。
おまけに坂の街ときているから、御輿を担うのはわずかな孫たち世代になってしまうというのはむべなるかな。

やあ同類

わが影に翅を休める夏の蝶

今朝いつものように、愛車ケルビムで喘ぎ喘ぎ戦車道路経由小山内裏公園尾根コースを走った。
終点で休憩していたところ、全体に茶褐色で裏に星がふたつある珍しい蝶が、突然手にしていた地図の上に停まったので驚いた。
蝶は、そのあとも、まるで私の休憩につきあうかのように、傍で翅をゆっくりと上下させているのだった。

揚羽蝶の残したもの

山椒の実だけ残りて夏の蝶

鉢植えにして3年目の山椒が、今年は背丈も50センチ以上まで伸び、おおいに新芽の恵みを楽しませてもらった。
ところが、山椒とか柚などの柑橘類は蝶の幼虫にとっては大好物なのだ。
だから、蝶が飛び始める時期、最初のうちは産みつけられた卵を見つけては丹念に駆除をしていた。
ところが、うっかりしているうちに、おびただしい数の卵が産みつけられたとみえ、それらが一斉に孵化して幼虫になっているのを発見。
こうなると、つぶすには可哀想だし、なにより捕まえたときのあの甘酸っぱい匂いに閉口してなせるがままに放置することにしたのだが、当然ながら全てが羽化する頃には無惨にも鉢は枝だけを残した丸坊主に。

いよいよ枯れてしまうのかと半ば諦めていたのだが、数日後山椒は丸裸となった枝の先から再び元気な新芽を伸ばしているではないか。

行くか停まるか

しぶきあげ自転車白雨を走りけり

今朝のトレーニングは午後から雨との予報で油断していた。
久しぶりに上りは快調なペースで戻り道もご機嫌だったのに、ぽつぽつときたなと思うまもなく本降りになってしまった。
見渡しても雨宿りできそうなところもなさそうで、ここはタイヤからしぶきを舞い上げたまま突っ込むしかなかった。愛車よ、許せ。

生命のくりかえし

来し方の自分史重ね蝉の羽化

今朝タバコを吸おうと庭でしゃがんでいると、いくつもの木の地面からちょうど1メートルくらいの高さにいくつもの蝉の抜け殻がしがみつくようにぶら下がっていた。
煙を吐きながら、彼らの長い眠りの間の、自分の来し方を思わずにいられなかった。

見慣れたものでも普段とは違う位置から眺めてみると新たな景色も見えてくるものだな。

不安定な大気

長居するかみなり様や風呂立てる

近くで雷が鳴り雨もぽつぽつときていたが、南からきた黒い雲が北のほうへ流れたのを見てポタリングに出かけたのはいいが、その判断は間違っていた。
漕ぎ出して5分もゆかぬうちに大粒の雨にたたかれて雨宿り先を探すうち全身ずぶぬれになってしまった。コースに沿った川は濁流と化していたので、黒い雲がかかっていたと思われる上流域で短時間強烈な降雨があったらしい。

小降りになった隙をみて帰宅したが、それからも雷は鳴り止まない。
ほかにやることもないので、風呂場でじっくり雷様とおつきあいすることとした。

室内に逃げ込む

難解なパズルてこずる端居かな

朝が眠い。猫たちに早く起こされるので、がんばって早起きしてみるけれど朝飯を食ったらもう眠くなる。
まして、外出したり、外で作業するのも暑さや汗、蚊を言い訳にする毎日。
今日は妻の買い物につきあうついでに、百円均一の店でナンバープレイス上級編というパズル本を買ってきた。風通しのいいところでいざとなったが、第一問にして頭が沸騰してしまった。

人間を養うということ

中元を届けし先は鬼籍入る

かつて若い頃生き方や考え方を養ううえで多くの人生の師と仰ぐ人に恵まれてきた。
先生方は文学や美術の世界で名を成しすでに老境に達していた方ばかりだったが、少しも偉ぶるところがなく、若輩の私を人間として対等に扱っていただいたことに感謝するのみである。
先生方は社会人としても教養人としてもすばらしい方々だったので、問わず語りのお話にも示唆に富むことが多く、感化されることが大であった。
盆暮れには直接お宅に伺うことを楽しみとしていたが、ひとり、二人とお亡くなりになり、今ではそういうこともなくなって10年あまりが経とうとしている。

土、水、木、草の文化

打ち水もかなわぬ舗装道路かな

あの暑さがまた戻ってきた。
陽が落ちても、家の周りは昼間の熱をたっぷり吸ってむんむんしている。
鉢植えに水をやるついでに前の道路にも撒いてみたが、やはり10分と経たないうちに元の灰色に戻ってしまった。
都会では季語の実感がすっかり薄れてしまっている。