春嵐の歩く会

葱坊主音羽の山と競ひをり

葱坊主授かりしもの透けてをり

倉橋神社から音羽山を
昨日は桜井市の市民団体の主催による第50回 鎮守の森を観に行こうかいに参加した。

今回は「桜井から鳥見(とみ)山周遊へ」ということで前半は古社・等彌(とみ)神社宮司さん、後半は忍阪地区区長さんの案内で、神武が大和平定したあと初めて行われた大嘗祭の聖跡とされる鳥見山の周りを時計の反対まわりに一周しながら、山裾部分はすべて古墳群といわれる各集落の氏神さんをめぐり、倉橋、忍阪(おっさか)を経て隠国(こもりく)のとば口朝倉までという古代万葉巡りのコースである。
鳥見山は先日行った安倍文殊院の東の方向にあり、まず最初に立ち寄った若桜神社西座は東北の大将に任じられた安倍氏祖神を祭神とされているそうで、ここにも2,3年前ほどに現安倍総理がお詣りしたということだ。
朝8時半から午後5時までという長時間、途中下居(おりい)神社への急坂にあえいだりするシーンもあったが、山をくだったら倉橋で音羽(おとば)山が真向かいに見えて元気をもらったり、弁当を食べて元気を回復したあと、現在唯一入山が許されている天皇(崇峻)墓とされる天王山古墳の玄室に探検気分で潜ったり、忍阪の里では最古の石仏・薬師三尊仏さんに出会ってほっこりしたり、鏡王女の墓で額田姉妹を偲んだり、荒れる春嵐などすっかり忘れてしまうほど夢中で歩いた一日だった。

写真は下居神社から下ってきて倉橋神社から。山は正面が高さ851メートルの音羽山、談山神社があるところである。右にわずかに山裾の見えるのが多武峰北端で、舒明天皇「夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寐ねにけらしも」(万葉集巻8−1511)で知られる小倉山であるという説あり。
犬養「万葉の旅(上)」(平凡社ライブラリー)の36ページにある「倉椅(くらはし)山」とは音羽山という説がある。この山にはさらに仁徳帝時代の悲恋話もあって調べれば調べるほど古代への思いを深くしてゆく。

市名の由来は

桜の井一夜で埋む芥かな

古井戸に降り敷く花の吹雪かな

桜井の井に花散りぬ花の散る

落花掃く人の未だに来たるなし

落花掃く能はぬなりし雨やまず

庭掃くを躊躇ひをりて花の散る

櫻の井

桜井駅を南に向け出発すると10分も行かないうちにそれはあった。

「櫻の井」跡。
夜来の春嵐で井戸に懸かる桜が一面に花を落とし、いわれが彫られた石碑も例外なく散った花びらをまとっている。
5世紀初頭第17代履中天皇がこの地においでになって、桜の花が散りかかるこの井戸の水を賛美されたということから「櫻の井」と呼ばれている。

古墳探検

ジーパンに着替へ宮司の花衣

天王山古墳の探検

倉橋には宮内庁が定めた崇峻天皇陵があるのだが、それはありえないと解説員さんが言う。

実際の墓はさらに忍阪へぬける「倉橋ため池」をまわった先の天王山古墳で99%間違いないらしい。50メートル四方くらいの方墳で、旧古墳の上に築いたものだ。何しろ尾根のあちこちが古墳という土地柄なのである。古墳の上の古墳もあれば、古墳の上の神社もあるのだ。
この古墳は、宮内庁の管轄には入ってないのでだれでも玄室に入れる状態である。天皇陵で直に玄室には入れるところはあまたある陵のなかでもここだけだと言うので、写真の通りごくせまい入り口だが勇気を出して潜ってみることにした。中は天井が4メートルほどあって圧迫感がなく、しかも意外に広いので参加メンバー50名ほどがすっぽり入ってもまだ余裕がある。

倉橋でガイドの役目を終えられた等彌神社の宮司さんも昼食後は一般参加者に混じって参加されることになった。ここでは最初は「ここはお墓やから。。。」と言っておられたが、暗い玄室に入ってみるといつの間にかみんなと一緒に説明を聞いておられるのを懐中電灯の灯りの中に発見したときには大いにおかしかった。

ちなみに崇峻天皇は592年蘇我馬子に殺された天皇として知られているが、こぼれ話として聞いたのは、身の危険を感じた崇峻天皇の皇子・蜂子皇子が出羽に逃れ、庄内平野を干拓し出羽三山を開いたとされている。皇子は当地の下居神社の下社を出羽に鎮座し大和をしのばれたということだ。そんなご縁でいまも出羽との交流は続いている。

白鳳の石仏さん

野遊びや薄紅引ける仏さま

忍阪へ
天王山古墳の探検のあと、忍阪の集落に下る。

ここは神武東征の際、現地勢力の抵抗があったとされ神武が楯としたと伝わる岩などが残されている古い土地だ。
最初に着いたのが石位寺で、白鳳時代作と伝わる薬師三尊石仏(重文)が「さあ、どうぞ」と言わんばかりに我々一行を待っていてくだすった。というのも、この仏さんは常時公開されてるわけではなく拝観するには事前に連絡が必要で、この日のために地区の町おこしプロジェクト「TEAM忍阪」を代表して、区長さん(写真マイクをもっている)自らがこのあとも各所を案内くださるなど、準備万端整えていただいたおかげだったのだ。
忍阪地区長さん

仏さんは大変保存状態がいい。というのは、かつて全体を黒漆で保護し、要所要所が金箔だったことや、おそらく屋内保存の期間が長かったことなどが要因である。一説には、額田王女の念持仏だったということだが、真偽のほどは分からない。
山口誓子の詠んだ「雨蛙黒き仏の宙に鳴く」の「黒き仏」というのはこの仏さんが漆塗りだったことを言ってるのではないだろうか。

いずれにしても、忍阪に興味をもたれた方には先に紹介したTEAM忍阪のホームページが大変よくできているので一読をおすすめする。

モチーフは塼仏

麗かやおはす脇侍の六頭身

三尊石仏さんのうち薬師如来とされる仏さんは椅子にかけた座像である。

一方、脇侍の両肩侍像は立っておられて、六頭身のせいかどうかどっしりと見える。加えて、三体とも大変柔和な表情をしておられるのが白鳳彫刻の特徴だそうだ。
平面な石板に彫られた像なのにこのように立体的に見えるのは、さまざまな工夫が随所に施されているためで、モチーフとしては飛鳥の「橘寺」の塼仏に酷似しているという説明があったが、私にはむしろそっくりのように見えて、この塼仏をモデルに彫られたものではないだろうかと思えるのである。

諸葛菜の里

歌人の眠る丘へと諸葛菜

奥津城の標しならんや諸葛菜

集落の北側、現地で通称「奥の谷」と呼ばれる舒明天皇陵や鏡王女の墓があるエリア入り口で諸葛菜の花が咲いていた。

岩ばしる垂水の

みこころをまさり猩々袴かな

鏡王女の歌碑
秋山の樹の下隠り逝く水の吾こそ益(ま)さめ御念(みおもい)よりは 万葉集巻2-92 鏡王女

猩々袴が咲く谷沿いに上ってゆくとその歌碑はあった。

王家の谷「奥の谷」では舒明天皇陵のさらに奥に鏡王女の墓があるというので逸る気持ちを抑えながら細い道を上るのだが、最初は王女の墓にたどりついてもその歌碑が見つからなかった。それもそのはず、その歌碑(揮毫犬養孝)は谷の小さな流れの中にあったので気づかなかったからだ。
天智の歌「妹が家も継ぎて見ましを山跡なる大島の嶺に家もあらましを」に対する返歌だが、「落ち葉の下に隠れて見えない水、水脈のように流れている水のように、外見では分からないでしょうけど私のあなたへの思いははあなたの思い以上に深いのよ」という、まさに歌そのものに似つかわしい佇まいと言おうか、大水でも出れば急流に翻弄されかねない場所に据えてある。

なお、犬養「万葉の旅」に掲載された写真では王女の墓は松の木19本に覆われて孤影悄然たる雰囲気が漂っているが、今ではすっぽりと覆う杉に替わっていて風景がまるで違う。今は桃の花と薄墨桜が満開である。
鏡王女の墓

なお、鏡王女は額田王女と姉妹だとされているが、奥の谷と呼ばれる舒明ゆかりの狭い谷にどうして彼女だけが埋葬されているのか。実はそうではなく、彼女は舒明と関係の深い女性だったのではなかろうか、たとえば親子、少なくとも養女ではなかったか、という思いを強くして下山したのであった。

飛鳥京からみた香久山

香久山の意外に低し花樗

山ならぬ丘の形(なり)負ひ花樗

万葉の森の花樗

昨日は桜井市「森とふれあう市民の会」主催の鎮守の森を観に行こうかいで、近鉄大阪線大福駅を出発点に同耳成駅に帰ってくる、香久山を時計回りに一周するウオーキング。

香久山の東側麓に「万葉の森」という散策の径が整備されており、ここでも草木に因んだ万葉歌碑が道々に建てられている。今月上旬の奈良公園ではまだ開花していなかった栴檀も、下旬ともなるとこの散策路を覆い被せるように満開だ。

万葉の森
散策路は北から南に向けてゆっくりと登り道となっており、その道が尽きる辺りを分岐してさらに登り道を進めば香久山頂上に行き着くという。
スタートしてからずっと気になっていて何度も地図とにらめっこしてはそれらしき辺りを見てきたのだが、いったい香久山とはどの山をさすのか、はっきりとした確証が得られずにいた。盆地の平らな部分に単独でいる耳成や畝傍ならば遠目にもすぐに見分けられるのだが、香久山だけは今日まで分からずにいたのである。

万葉の森を香久山の南側に降り、さらに西側に回って、飛鳥の雷の丘から真っ直ぐに北上する県道24号線沿いの奈良文化財研究所藤原旧跡資料室のあたり、飛鳥京の東に出てはじめて香久山の姿をはっきり確認できたときは、ようやくつっかえがとれたような気がした。さらに言えば、この資料館は飛鳥京からみると香久山を借景とする位置に建っていると言える。
香久山は単独の山ではなかった。それに、意外に低かった。だらだらと小高い丘陵やその間に集落を形成しつつ多武峰の方から飛鳥京に向かって山が降りてくるのだが、南北に連なるその最終の丘が香久山だったのだ。その姿形は飛鳥京からしか見えないとも言える。しかもそれは一部にすぎないのであるが。

持統の見た「白妙」とは、ほんの目と鼻の先ほどの距離だったにちがいない。歌のなかでは「干すらし」と推測しているが、実際には肉眼ではっきりと分かっていたと思うのだ。

吉備池廃寺跡

大寺の跡みずくまま花うばら

大寺跡みずける池や花うばら

近鉄大福駅から南へ15分ほど歩き、西に磐余の地を望むあたりに吉備池廃寺跡がある。

吉備池廃寺跡

ただ、その一部が江戸時代に灌漑用に築かれた池に埋もれてしまっているので、ここにかつて最初の勅願大寺「百済大寺」があったとはとても信じられない。
舒明11年(639年)発願、天智7年(同668)完成したという「百済大寺」は東西、南北とも約150メートルの広大な敷地に、金堂、講堂の他推定高さ64メートルの九重塔がそびえていたという。法隆寺の五重塔をもしのぐ高さだ。
百済大寺は、その後天武2年(同673)に解体されて高市に移築され「高市大寺」そして「大宮大寺」となり、さらにまた文武朝には飛鳥京「大官大寺」として九重塔、金堂が建てられ、平城京に移ってのちに大官大寺は焼けたが716年現在の大安寺に移築されたという変遷を経ている。

百済大寺跡として国の史跡に指定されたのが2002年でわずか10年ちょっと前にすぎず、遺跡の本格的な保存はまだこれからという状況である。ふだん誰も立ち入らないのであろう、池の縁は雑草に覆われていた。一行がこれを払いながら進んだ後には、はっきりと一筋に草が踏まれた跡が残るのであった。

赤黒い実

桑の実に足の止まりしハイキング

桑の実を採る

吉備池のほとりに桑の実が成っている。

熟年組が多いのに桑の実を初めて見る人が多かったのは意外だった。もちろん、食べられることを知っている人も少ない。ガイドのすすめがあってようやくみんなが口にしたのだが、手入れもされてないような木のくせに味の方はしっかりと甘くて舌の上で柔らかにつぶれるのであった。

姉と弟

二上をはるかに歌碑や蘆茂る

吉備池池畔の句碑
もゝつたふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲がくりなむ 大津皇子 巻3ー416

大伯皇女の歌碑
現身の人なる吾れや明日よりは二上山を弟背と吾が見む 大伯皇女 巻2−165

磐余の東にある吉備池から西には二上がはっきりと見える。

大津辞世の歌、姉の鎮魂歌の碑が葦茂る吉備池畔にあるが、姉弟の響き合うような歌の調べを聞くにはまことにふさわしいロケーションと言えるだろう。

追)池のすぐ北にある春日神社には皇子と皇女の別の歌碑が建っていると聞いたのですが、団体行動なので機会をあらためて訪問したいと思います。皇子のは懐風藻からの漢詩です。痛切な響きです。死に臨んでこのように歌えるというのは、言い伝え通り皇子の非凡な才を示していると思います。

磐余の池跡にたつ

どの筋も三寸ばかり蜷の道

昨年だったか、磐余の池の堤防跡ではないかという遺構が発見され話題になった。

池の堤防跡
道路整備に際して調査が行われ、写真右の森から左の住宅地にかけて堰堤があったことが分かったという。周りを見てみると多武峰から緩やかな傾斜をみせながら盆地に向かって降りてきており、どれもが堤防になりうるような感じで、その昔あちこちに用水池があったとしても全然不思議でない地形をしている。
随行の纒向学研究センターの主任さんの話でも、「磐余の池」というのはいくつかの池を総称して言ったのではないかという説を披露されていた。たしかに、このあたりの地名の池之内とか池尻とかに池に因む名が残っているので「磐余の池」はここらあたりにあったのは間違いないのだろう。

謀反の疑いがかけられた大津が飛鳥京から訳語田(おさだ)、今で言う現在の近鉄・大福駅近くの戒重という字のあたり、の自宅まで護送されたとされる、その経路としてこの池のそばを通りかかったのは間違いないだろう。その日のうちに死を賜っているが、この池の名が詠み込まれている辞世の歌はあまりにも有名だ。一方で、妃の山辺皇女は半狂乱となって裸足で髪振り乱し皇子を追い自死したという話が伝わっているが、その皇女にとっては途中の景色などは全く目に入らなかったにちがいない。

いつの頃か池は埋められ昔から田として利用されたきたと思われるが、現代は無農薬農業を目指しているのかどうか、田植えをまつばかりという田には皆一様に10センチほどの、幾筋もの田螺の這った跡がある。いったい最後に田螺を見たのはいつのことだったのだろうか、あまりに遠くて思い出すことができなかった。

昆虫博物館

昆虫博物館の放蝶温室で

時なしの園に夏蝶ひらりかな

橿原市昆虫博物館の放蝶温室はまさにパラダイスである。

昆虫博物館の放蝶温室で

琉球列島の気温に調整された温室では、ハイビスカスなどの亜熱帯・熱帯植物が茂り、大蝶・オオゴマダラなどの南国の蝶が年間を通して優雅に舞う。
このオオゴマダラというのは羽を広げると幅10センチくらい。この大きな蝶がグライダーのようにゆっくり滑空するかと思えば、羽をゆっくり羽ばたかせながら舞うように飛んだりする。このように悠然とした行動には理由があって、この蝶の幼虫はホウライカガミという毒のある植物の葉を好んで食べ、この毒が成虫になっても体内に残存するので、襲う天敵がいないからなんだそうである。

これら蝶の餌となる植物の栽培温室や、卵からサナギまでを飼育する裏方の仕事場も見学することができたのは、「鎮守の森を観にいこうかい」の行事ならではのことで、大変有難い企画であった。

共同作業

にちようび男総出の溝浚ひ

イメージがあったのだがなかなかものにできなかったのが、今日一ヶ月ぶりにふっと句にすることができた。

先々月「鎮守の森を観にいこうかい」で桜井市に行ったときのこと、男たちが手に手に鍬や竹箒などを持ってそれぞれ家路についている光景をある集落で目撃した。どうやらその日は集落の申し合わせで一斉のいわゆる「どぶさらい」の日で、共同作業が果てたあとの様子を目にしたのだった。蓋をされてないままの、集落の側溝の脇には泥がうずたかく盛られているのを見て合点したのだった。

杣の道を下る

勧進縄わたす欅の若葉せる

生田地区の勧進縄
今日は久しぶりの「鎮守の森を観にいこうかい」。

桜井駅から一気に談山神社までバスで登り、多武峰から安倍文殊院まで降りてくるコース。
それも普通の人はあまり利用しないような、むしろ杣道と言っていいくらいワイルドな道を降りるコースで、足元ばかり見るようではあるが、ところどころガイド役の方の説明もあって多少救われる下り道である。
そこは植生も豊かで、とても覚えられそうもないほどの草花や樹木がある。里の春の花は終わったが、どうしてどうして山にはまだ花がいっぱい。

卯の花をたどり勧進縄の村

卯の花の道

定家葛と忍冬が絡み合っている
定家葛と忍冬が絡み合っている

数多くの古墳群があるという高家(たいえ)地区を過ぎ、卯の花、定家葛に導かれるようにして辿り着いた集落の入り口には勧進縄が渡されていた。その一方を支えるのが大きな欅の木で、折しもの若葉が明るい陽を照り返している。
勧進縄というのは一般的に雄縄、雌縄の一対があるのでもう一つあるはずだと探してみたが、とうとう見つからずじまいで集落を抜けてしまったのが心残りとなった。ということは、邪気の入り込むのはあの卯の花の道からだというのだろうか。

締めくくりは、幕末から明治中頃にかけて膨大な日記を残した高瀬道常という人の古文書と、それを原稿用紙2,400枚に転記して世に知らしめた研究者の講釈を聞くことができた。日記とはいっても、個人的日記ではなく世界情勢を含めた広い学識に裏付けられた貴重な「当時の世相についての記録」であるのが特徴だ。当時物価が高騰したり、木綿などの価格が輸入品に太刀打ちできなったりして不景気になったのは、外国に門戸を開放した幕府のせいで、桜田門外の変すら溜飲をさげる数え歌に織り込まれていたこと、また逆に異人打ち払いの長州がいかに期待されていたのかという庶民の側から見た記述などとても興味深いものだった。

このように知的好奇心も満たされ、かなりきつい行程もいくらか緩和されるのであったが、後半に相当きていた足の明日は、はたしていかなるものだろうか。いささか気になる日曜夜である。

声に安らぐ

隠れ沢めく谷筋の河鹿かな

杣の道を慰めてくれるものがいる。

藪に覆われていたりして水はよく見えないし、はっきりとした沢の音も聞こえてこないが、河鹿の鳴き交わしのようなとよめきが心地良い。
やがて、下るにつれて沢は川幅を増しそれと分かる姿を見せてくれるのだったが、なぜかその頃には河鹿の声は聞かれないのだった。

豊かな森

おびただし実生の椎の若葉かな

多武峰の山中は植生が豊かである。

下った道はまるで腐葉土そのものと言ってもいいほどで、柔らかでフカフカであった。
そんな環境条件に恵まれたせいか、落ちた実があちこちに発芽して柔らかげな若葉の色を発している。これらの苗はこれから厳しい生存競争にさらされ、多くが場所取り競争に敗れて大木までには成長できないだろうが、どの苗も少なくとも数年は生き永らえるんじゃないかとさえ思える豊かな土壌である。

椎のほかにも新しい苗がいっぱい顔を出し、珍しいものがあると案内役のスタッフの方から適宜説明があるが、とても覚えていられないほどの種類の多さである。なかでも、「室生天南星(テンナンショウ)」「花筏」「葉蘭の花」「水引」などが強く印象に残った。

急に開けたが

砂防ダム埋もれて永し花茨さぼうだむうもれてひさしはなうばら

急斜面の道が突然開け大きな広場が姿を現した。

過疎が進んで行政も手をかけられなくなったのだろうか、かつて土砂災害防止のために設けられた砂防ダムが今ではほとんど土砂に埋まってしまっている。大きな木が生え、草花も生い茂り、ときまさに野ばらの花の盛りであった。

土砂に潜っていた細い水が堰のところで再び顔を出してちょろちょろと流れているのだった。

お金が増える?

目も鼻も縞もそのまま蛇の衣

それはシマヘビの脱皮した後の皮だった。

歩く会のエコロジストでもある講師が、ポリ袋に空気を入れ膨らませたものに蛇の皮を大事そうにしまい込んだ。子供たち相手の自然観察会で見せてやるんだという。
たしかに、町の子にとっては蛇の皮など見る機会は滅多にないだろうし、生き物の「脱皮」という生態を知るいい教材になるだろう。
我々の世代なら、かつて、財布に入れておけばお金が増えるとか言ってしまい込んだ経験のある人が多いかもしれない。
だが、全身が完全に残った蛇殻を見るのは久しぶりだった。

口に含む

朱鞠なる下葉のかげの草いちご

草イチゴ

山道は草花を見るのだけが楽しみではない。

口に含んでみて、その味や香りを楽しむのもまた一興であろう。
この草苺は誰でも見つけることができるほど直径1センチほどの大きさがあり、しかも真ん丸で赤いときているからよく目立つのだ。

明日朝から急遽横浜に用事ができ、今夜の夜行バスで駆けつけることになった。約9時間の旅。帰りは月曜の予定で、今日、明日と二日分の予約投稿。