クラクラと

室咲いて蘭の香強くなるばかり

蘭がつぎつぎに開いてきた。

ひとつだけでも十分に匂ひが強いのに、今では部屋中にたちこめて頭が痛くなるくらいだ。
まるで、百貨店の一階に迷い込んで、各社の化粧品のミックスされた匂ひに閉口している状態と同じである。
蘭の花の期間は長いので、もしかすると年を越してもまだ咲き続けるかもしれず、ちょっとクラクラとする気分である。

“クラクラと” への2件の返信

  1. 蘭の管理は難しいのに立派な花をつけ芳香を放っているのはよほど手入れが良いのでしょう。

    過ぎたるは及ばざるがごとしですか。
    確かに香水でも花の香でも刺激がありすぎるのはちょっとね。
    でも蘭の花に責任はありません。
    蘭が部屋中に咲き誇っているなんてとても贅沢ですね、豪華な花ぶりを楽しんでください。

    1. 乱暴な飼い方してるので、ずいぶん数を減らしました。強いのが生き残ってるみたいです。
      蘭をテーブルなどに置いて楽しみたいのですが、猫どもが悪さするので、室内温室に格納中。そこから匂ひがもれてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です