冬本番

木枯の集めしものをかい掘りぬ

初めての木枯らしらしい風が吹いた。

今年は見事な紅葉を見せたブルーベリーやドウダンツツジの、最後まで踏ん張っていた葉も一日にして吹き飛ばされたようだ。
夜になってさらに激しくなってきたようで、換気扇のあるあたりがぼうぼうと音をたてている。
木枯らしとは初冬に吹くものとされるし、木の葉もおおかた飛ばされては、最初にして最後の木枯らしとなろうか。
しばらくは厳しい冷え込みが続くと言うから、いよいよ冬本番とみていいだろう。

“冬本番” への2件の返信

  1. 今までの暖かさに慣れた身体に急な寒さは大いに堪える。
    いよいよ冬本番か、冬将軍の到来か?・・・

    夜が明けたら今年最後の墓参りに行く予定。
    空き家になっている実家はさぞかし寒々としていよう。
    仏さまも寒がっていることだろうな。

    1. いやあ、今日の寒いこと。盆地は10度にも達しませんでした。今までが温すぎたのでよけいに堪える寒さです。
      さすがに夜は厳しく、猫どもが固まってるので炬燵がはいりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です