雨上がりの朝

さきがけの四葩供花とし剪りにけり

紫陽花の蕾が色づきはじめた。

花の成長が早くすぐに花片をこぼしてしまうので、仏壇に供えるには咲ききるまえのむしろ蕾のもののほうがよい。
冬の間にかなり枝透きしたので、今年は形もよさそうだ。
雨があがった朝、さっそく鋏を手に庭に降りた。

4 Replies to “雨上がりの朝”

  1. 昨日どしゃ降りで東海地方は梅雨入りした。
    今日は風のある爽やかな一日で今はひんやりしている。
    明日からはどうなるのだろう・・・

    我が家の紫陽花は少々遅れ気味、しっかり剪定したのにしたのにも関わらず。

  2. 『四葩』(よひら)?
    『葩』→中国語辞典を引くと、簡単に”白い花”と書いてありました。
    でも日本では、四葩=アジサイに限定されているようですね。

    (いつも言葉使いや文字ばかり気にしてスイマセン。でもよくまぁ、
     珍しい言葉、いいまわしを頭の中に蓄えているなぁと驚きます)

    1. 17文字に納めるためでもあり、五七五のリズムに合わせるために同じ季語でも五や四、あるいは三と使い分けるための苦肉の策かも。おかげでいろいろ覚えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です