共生

増水跡とどめる川に鴨來る

小鴨の群れを久しぶりに見た。

やがてヒドリガモ、マガモなどの群れもやってくると、いよいよ大和川の冬景色として楽しませてくれる。
このたびの台風による被災地の川も同様に冬鳥の便りがあるにちがいない。
われわれ人間だけではなく、あらゆる生きものは地球環境の影響をうけざるをえない。同じ乗り物に乗ったものどうし共生の道を図る責任が人間にはある。

2 Replies to “共生”

  1. 何度も行っている下呂温泉ではあるがそのたび宿を変えているので思いも異なる。
    何処へ行っても外国人の多さに驚くとともに従業員まで外国人が増えている。

    深々と緑をたたえる飛騨川にも鴨が悠々と泳いでいた。
    いささかしゃべり疲れ食べ疲れ湯に疲れ遊び疲れた感じ。
    70代の歳を考えればほどほどが必要である。

    1. 下呂には大きな川(長良川?)が流れてますが、このたびの台風では無事だったのですね。
      台風も「ほどほど」に来てくれれば助かるのですが。

ほだか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください