冬菜畑

保留地の畑の隅の雪中花

水仙の別名である。

雪の中でも花を咲かせるということから名づけられたという。
持山を開発して大きな団地を作り、地主が一定の土地を割り当てられたものが保留地と呼ばれ、造成が完了すると正式に自分名義の土地となる。
まだまだそういった空き地が目立つ団地だが、近くに住む地主が菜園として利用しているケースが多い。
そういったもののひとつが駅までの途中にあって、いつも丁寧に畑作をしているお宅がある。今日気づいたのだが、大事に霜除けされた莢豌豆など、整理された冬菜畑を囲むように水仙が群れている。
菜園としては珍しいくらい美しい畑で、それを小さな水仙の群れが見守っているという図式に思わず足を止められたのである。
それは美しい冬の景色であった。

2 Replies to “冬菜畑”

  1. 菜園の一角にお花畑をあしらっている光景は素敵です。
    彩りと言い他の野菜も引き立つように思います。
    四季の花を絶やさなければ仏様やお墓にもお供えできますものね。

    今日はミュージカル「CATS」の映画化されたのを待ちきれず初日に観てきました。
    劇団四季のミュージカルも三回ほど見ましたがスケールが違います。
    個性的な猫たち、メモリーはじめ名曲の数々その歌唱力、ダンスというよりはバレー。
    ロンドンの街の片隅に猫はお似合いです。猫は犬にあらず!!

    1. CATSはロンドンが舞台でしたか。
      大阪駅前でも四季の舞台がかかっているのが大きな看板で何回も見ています。世界的に人気のミュージカルなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください