町木

町の木の楓紅葉の庁舎かな

今我が町の街路樹や公園、学校は今紅葉真っ盛り。

摂社として龍田姫をお祭りする龍田大社があるからだろうか、町のシンボルツリーはモミジである。大和川の河川敷から街を見上げると(全体が信貴山に向けた坂の町)、町の至る所が紅葉しているのがよく見えるのだが、それは見事なものである。たっぷり広くとった校庭の小学校など、フェンスに沿って植えてある木はすべて落葉樹らしく楓、桜、欅などそれぞれに色を染め分けてみごとなアンサンブルだ。

6 Replies to “町木”

  1. 雨が落ちてこない内に早朝散歩。
    風もないのにハラハラ舞い散る桜紅葉。
    小さい男の子がきれいだね~と手を広げています。
    更に歩を進めて公園へ。
    銀杏はまだ少し青っぽく、欅の大樹は大きく枝をひろげ見事に色づいている。
    名も知らぬ葉っぱや実がそこ彼処にいっぱい。
    見飽きない晩秋の見事なハーモニーです。

    1. 街の中に紅葉が楽しめるって大事なことだとつくづく思います。
      顔をあげて歩くと背筋も伸びるし、気分も晴れ晴れ、いいことづくめです。

  2. そうですね、この季節日本中どこへ行ってもそれぞれに紅葉が楽しめる。素晴らしいことです。
    寒くなって床暖入れたり書斎にホットカーペット持ち込んだり早くも冬モードです。

  3. 昨日から1泊2日で山梨に畑仕事に行って、大根、白菜、キャベツを収穫してきました。
    丹波の黒豆は葉っぱが枯れ始め、今月末から来月上旬に収穫できそうです。
    別荘周辺はカラマツが黄金色に色づき、周辺の広葉樹の黄葉や紅葉とのコントラストがきれいで、丁度見ごろでした。
    現地では朝の最低気温がこのところ3~8℃と冬まじかの冷え込みとなっています。
    来月上旬にはノーマルからスノータイヤに交換する時期になります。

    1. 清里は霜で野菜も甘くなるんでしょうねえ。
      当地も紅葉真っ盛りです。図書館の大きな窓がまるでキャンバスとなって、そこに映える小学校の桜紅葉が一幅の絵のようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください