予定の綻び

新蕎麦を打ってくるると誓ひしに

定年になったら蕎麦打って食わせてやるよという友がいた。

生涯学習センターかなにかで蕎麦打ちを習い始めたばかりだと笑いながら。
高価な道具も買い揃えて張り切っていたようだ。
書や水泳、山歩きなど他にもいろいろ目標があったらしい。

その彼も還暦を前に儚くなってしまった。

「新蕎麦」で創作してみた。

走り蕎麦此処と定めて十余年
路ひとつ入った店の走り蕎麦
此処だけはテレビも知らず走り蕎麦
限定の新蕎麦打って早仕舞
新蕎麦の催促メール電話でも
顔見せを兼ねて相伴走り蕎麦

2 Replies to “予定の綻び”

  1. 人生は予定通りにいかないことの方が多いですね。
    それにしても還暦を待たずにとは無念ですね。
    そう思えば元気なうちに好きなことをやっておきたい心境です。
    両親とも長寿を全うしてくれたのであやかりたいですがとてもとてもそんな自信はさらさらありません。

    1. ストレスさえ抱え込まなければ、ご両親と同じように天寿を全うされるんじゃないでしょうか。あとは「過ぎたるは足らざるに及ばず」でしょう。
      頑張り過ぎず、ほどほどで行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください