降りる場所

雲厚き空のどこかの初雲雀

思わず空を見上げた。

雲雀の声が聞こえたからだ。だが、雨もようの空なので雲が厚くて声の主を探し当てることができない。
初雲雀とはいえ、揚げ雲雀の堂々とした声だった。
今までよく降りていた空き地には真新しい建て売りに人が住んで、今年はいったいどこへ降りるのだろうか。

聞きつける

道中の一人に見えて初雲雀
空耳と疑ぐるほどの初雲雀

歩くたびに発見がある。

先日粒が開き始めた万作を見たが、これがすっかり開いてちりぢりの糸にほどけている。
また、珍しく日の暈がかかったお日様を眺めていたら、どこかで雲雀が鳴いている。もちろん今年初めての雲雀だ。
眼球の焦点合わせが鈍い僕には発見できなかったが、立ち話の相手がしっかり捕捉したようだ。
ただ、鳴いた時間はほんのわずかですぐに聞こえなかった。
最初の一声をせっかく聞きつけたのに残念なことである。

機首下げて

一番機定刻通り初雲雀
気象台出し抜きこれが初雲雀
目を皿のやうに手かざし初雲雀

気象台発表より早いかもしれない。

今朝、玄関を出たら頭上で雲雀が啼いている。雲雀一号である。
例によって、目を皿のようにして探しても見つけることはできなかった。
時刻としては、羽田発大阪行きの始発便が着陸態勢をとって盆地の東から西へ過ぎる頃。7時ちょっと前くらいだ。機体にANAという識別ロゴが目視でも充分確認できるほど低空を飛んでいる。

烏帽子が自慢

初雲雀今日の天気を確信す
老の眼の焦点甘し初雲雀

初鳴情報もある。

鳥たちはとっくに春を察して、恋の季節の始まりだ。
初雲雀とは言え、真っ青な空のあまりに高いところにいるものだから、衰えた眼には捉えることができない。
朝のうちの靄がかっている空ではますます発見が難しいが、よく鳴く朝はきっと晴れてくるに違いない。

よく目撃する空き地は今年も更地のまま。
いずれ、ふらーっと落ちるようにして降下したり、粋な烏帽子姿の徘徊が見られる日も近い。

頭上の春

初雲雀打ち振るはする様見えて

4,5日前の寒い日に雲雀を見た。

この時期はあまり高くまでは上がらないのかどうか、肉眼ではっきり羽根を振るいながら風に向かっているのが見えた。一ト月くらい先ではないかと思うくらい暖かった今日もよく鳴いていたが、やはり肉眼で捉えることができた。
縄張り宣言の初期段階かと思うが、これからは家を出れば毎日頭上でさえずるのを耳にできるのではないかと思うと、やはり春はもう来ていると思うのだった。

名乗りはまだか

初雲雀揚げると見えて降りにけり
分譲地為歩きたまひ初雲雀(ぶんじょうちしありきたまいはつひばり)

玄関を開けて外に出た途端、雲雀の囀りが聞こえた。

顔を上げて場所を確認するまもなく、ひらりと降りてしまう。あとは、まだ裸同然の更地を逍遥するかのように歩いている。まだ気温5度の朝。高く舞い上がって名乗りを上げるほどの気分には遠いのかもしれない。

健脚の人

早春の平城京跡

早春の平城京跡

古都の空高みで名乗る初雲雀

すごい人もいるもんだ。

天気図から今日は風が吹かないサイクリング日和と読んだ。
たしかに風は終日吹かなかったが、朝方の快晴はどこへやら、日中はほとんど曇り空で気温もあまり上がらない。
それでも、富雄川に次ぎ秋篠川に沿って薬師池近くの定番大池を目指す。

大池からの薬師寺。東塔が改修中で素屋根をかけられ大囲いされている。翌6日には100%覆われたというから南側部分をチラ見できただけラッキーかも。

ここで自転車で来られた同年代と思われるFさんと親しくなり雑談したが、なんとFさんははるばる大阪の堺から奈良各地を巡るサイクリストの常連、往復120キロをあの県境の峠をなんなく越えて来られたのだ。特に大池は薬師寺の改修中も毎回必ず来るようにしておられるという。完成が7年後、そのときにも元気に自転車には乗っていたいという希望は私も同様である。
ジャンボな「つぶつぶ大仏あんパン」。半分でもこの大きさだ。

唐招提寺を見て平城京跡に向かっていると進行方向から来るFさんと再開。
あのあと奈良市内の東大寺近くまで行き、お土産に買ってきたというジャンボあんパンをひとつ頂いた。
その名も「つぶつぶ大仏あんパン」。重さ300グラム、ずっしと持ち重りのするあんパンは普通の3~4倍くらいあろうか。妻と二人で半分食べてしまった写真を見れば分かるが、重さの大半はその粒あんにある。
あまりに旨いので全部食べてもよかったのだが、夕食前だったので残りは明日。

ああ、そうそう。暦で春とはいえ、底冷え盆地の奈良はまだまだ遠い。
それなのに、広い平城京跡で雲雀が高らかに鳴いていたのだ。
雲雀といえば麦畑が象徴するように、春とはいっても初夏に近いイメージだったからおったまげてしまうのだった。

追)富雄川でも秋篠川でも大好きなカイツブリ君たちを間近に見ることができましたよ。300ミリくらいの望遠レンズが欲しくなりました(笑)