広い路地

軒瓦連なる路地の丁子かな

どの家も立派な軒瓦である。

家並みが統一されて、狭い通りに向き合うように軒を並べている。
路地とは言え、電線が地中に埋められているせいか狭くは感じない。
昔商家だった家には駒繋ぎの金輪が錆びたまま残され、それを見ただけで時間は百年より昔にワープしてしまいそうな感覚を覚える。
屋根からの日射しが高くなって、路地に日が当たる時間が伸びてくると、軒先に置いた鉢物が目が覚めたように生き生きとしたようで、沈丁花もようようと開き始めたようである。香りはまだ浅いが、そのうち路地いっぱいに甘い香りが立ちこめてくると、春本番である。

“広い路地” への2件の返信

  1. 路地に春本番の足音が・・・
    普通の路地とは少し異なる雰囲気、ちょっと行ってみたい誘惑に駆られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です