山中の集落

卯の花の垣のなにやら隠れ里

これ以上ないというくらいのいい天気。

気温こそ30度近いが風が乾いているせいか、日除けさえしておれば外歩きにはもってこいだ。
日本書紀読書会があるというので今日も飛鳥へ。隔月開催なので次回が待ち遠しい。

講義が終わって多武峰の麓を散策すれば、数戸しかない集落へ出た。とっつきには勸請縄が吊され、古くからの集落だと言うことが分かる。
さらに行けば卯の花の垣が巡らされて、人影も見られずなにやら隠れ里めく雰囲気だ。
多武峰の山腹にはこういう集落が散在していて、ハイキング気分で訪ね歩くのも悪くはない。

2 Replies to “山中の集落”

  1. 昨日は夏日でしたがその割には風が心地よく快適な陽気、まさにハイキング日和でした。
    五月にも関わらずしばらくはこのような日が続くようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です