極寒仕様

着ぶくれてふんぞり返る会釈かな
着ぶくれて突つきもされる胴回り

格好なんて構っていられない。

何ちゃら暖とかいう発熱下着の上にあれやこれや着込んでいざ、いざ。
よく見れば、周りもしっかり極寒仕様。
お互いに腹回りを指さして大笑い。
吟行に出て風邪を引いたではすまないのです。

“極寒仕様” への3件の返信

  1. 今朝も冷え、車がうっすら凍っていました。

    体操教室に行く前はしっかり着込んでいくのですが一連のマシンから仕上げのストレッチを終える頃には汗ばんでいる。
    ほとんどの人が半そでTシャツで動いている。

    今日のように日差しがある日は南側の部屋は温室のようである。
    明日は一時的な雨、週末はまたさらに冷え込みそう。
    風を引かないようにしましょうね。

    1. 僕もそうですが、室内で用具・器械を使って健康体操している図というのは離れて見てみると何だか滑稽ですね。身体を使わずとも飯が食えるって、いい時代なのかどうか。考えれば考えるほど複雑な気分になってきます。

  2. 言われてみればその通りです。
    昔は日常それ自体が体を動かす労働そのもの、運動でした。
    今の我々を見たら何やってるんだ、働け!!と喝破されそう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です