コンバインちらほら

水の苦労みんな忘れて晩稲刈る

盆地がようやく稲刈りシーズンを迎えた。

今では米の改良も進んだんだろう。10月に稲刈りするところが少なくなった。
ところが奈良では盆地部だけは田植えは夏至を超えてからだ。溜池頼みだから、万年水不足に悩み梅雨入り後の雨水に期待するわけだ。
山地部では山からの水があるので、全国標準並みで稲刈りは9月にとうに終えているというのにだ。
世間に比べればいつの間にか盆地部だけが目立ってしまって、「晩稲」の部類に属してしまったという印象が強い。

“コンバインちらほら” への3件の返信

  1. 実家の方では8月末~9月初めに刈り取る早生が多いですがこの辺は晩稲のようです。
    特にイチロー選手の実家周辺(豊山町)は先週まだ稲穂を垂れていたのが昨日やっと刈り取られていました。

    その豊山町で昨日観た映画、アンジェイ・ワイダ監督「灰とダイヤモンド」私には難しすぎてよく理解できなかった。
    ポーランドの有名な作品らしいので見ておきたいと思ったのだがどうもレジスタンス映画らしい。

    1. 豊山町というのは山間部でしょうか。
      伊勢平野などでは今頃は二番穂が豊かに実をつけていることでしょう。
      こんな狭い国で、稲の文化がこれほどもバラエティあるのも豊かな国の印。新米を楽しみましょう。

  2. 豊山町は郡部ですが名古屋市に隣接した町でマリナーズのイチロー選手の実家がありイチロー記念館が併設されています。
    あいち航空ミュージアムがあるのも豊山町で元はといえば名古屋国際空港の建物をそのまま改装し今は大規模商業施設(エアポートウオークなごや)になっておりシネコン12館があります
    隣が県営名古屋空港で主に国内線が飛んでおりその隣がMRAの三菱重工です。
    中部国際空港(セントレア)は常滑に移りました。

    豊山町の田んぼは平野ですが田植えも稲刈りも遅いです。
    新米、ツヤといい味といい抜群でつい食べ過ぎるのが難。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です