色使い

頬白の胸美しや桃の花

冬鳥がすっかり姿を消していつもの散歩も寂しくなった。

だが、留鳥は健在で今日もたくさんの小鳥を目撃することができた。
出色はもちろん鶯でその数の多いこと。行くところ必ず鳴いていて、とくに今日は高い枝のうえから降りかかってくるのもいくつかある珍しい日であった。
花桃のフィールドではホオジロ君を発見。双眼鏡は携帯しなかったのであるが、羽根模様は肉眼でもくっきり分かる。地味な色使いではあるが、配色が絶妙なのである。華やかな桃に比べれば地味であるが、枝にチョロチョロ見え隠れする姿も捨てたものではない。

2 Replies to “色使い”

  1. なるほど「頬白」とはよく言ったものですね。
    頬や喉のあたりが白くまだら模様になっていました。
    きれいな色の花桃との取り合わせはこれまた絶妙でしょうね。

    1. あの白いストライプはツグミともよく似ているのですが、より小型、そして羽毛の模様がシックなところが相違点。
      地味な配色ながらなかなか粋なファッション。こそこそ逃げ隠れしないので、観察しやすい鳥です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です