春発進

プラ鉢の韮の新芽に風固く

プラ鉢に株分けしたのが冬を無事越したようだ。

1センチにも満たない新しい芽が顔を出してきた。
暮れ頃になって葉をすべて枯らしてしまったので、さすがに霜除けもなにもないプランターでは駄目だったかとあきらめていたのだが、あらためて韮の生命力を知ることになった。
庭を見ると捨て鉢の古い土にも芽吹くものもあり、寒の戻りだとこぼしていても春の命は確実に育っている。
そう言えばどこかではもうイヌフグリが咲いているのも見た。
このように桜の季節まで、今年は春の訪れを何回楽しませてくれるだろうか。

2 Replies to “春発進”

  1. 今朝の冷え込みは半端なく玄関を開けてその寒さに驚いた。
    津市の中心部では初雪が降ったらしい。
    当地も明朝は雪が降るかもしれないと気象予報士。
    もし降れば最も遅い初雪らしいとの事。

    そんな中、韮が芽吹きましたか。
    寒いようでも確実に春の兆しが見え隠れしているようですね。

    1. おそい初雪です。奈良市内では観測されたようですが、盆地に大阪方面に風穴があいた当地にはありませんでした。
      みぃーちゃんの飲み水に今朝も薄氷が張りました。これで二回目。水栓の凍りつきはまだ一度もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください