牙を剥けば

僚船の無線の否や卯波立つ
西よりの蜑の恐るる卯波かな
遠富士に帰港急かるる卯波かな
水難の碑の半世紀卯波の海
卯波立つ校歌に美しき伊勢の海
卯波立つ浜は名うての二枚潮
上げ潮に川さかのぼる卯波かな

海のない国なので、過去から引っ張ってきた。

誓子が病気療養中長く伊勢にいたことは有名だが、そのおり戦後新制高校ができて校歌の作詞を依頼して誕生したのが母校の校歌である。70年近く歌いつがれてきたわけであるが、そのふだんは優しい海もときに牙をむくときがある。
あれは昭和30年頃だったろうか、一見何の変哲もない砂浜で、中学生数十名が水泳の授業中に亡くなった悲惨な事故があった。近くの川から注ぎ込む水と海の潮が足許で二枚潮となって流れていたのが原因とされるが、以来遊泳禁止となって人が寄りつかない浜となったが、今でも忘れられずにいるだろうかとちと心配である。

“牙を剥けば” への2件の返信

  1. 卯波も二枚潮も初耳です。
    双方とも時に牙をむくのですね。
    津の水難事故はキヨノリさんが何かのコメントで書いていたような気がします。
    橋北中学の水難事故ですね。昭和30年ですか、小学生の時ですね。

    私は「伊勢の海」というといつも思い出す歌があります。
    小学生の頃、何か行事があると歌った記憶があります。
    歌詞はおぼろですがメロディーは今でもはっきり覚えています。
       伊勢の海から昇る陽を体いっぱい浴びながら
       日本晴れの大空に日ごと伸びゆく若人の双葉命たたえよう
    違ったかしら?

    1. 県民歌なんでしょうか。私はあまり記憶がありません。

      あの水難事故の頃は、学校にプールというのは珍しくて、川や海が水練道場でしたね。小学校の頃は六尺ふんどしというのを締めて、おぼれたらいつでも上からつかめるようにとの話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です