復調か

多武峰ひと筋けぶる野焼かな

気温がぐんぐん上がって気持ち悪いくらいである。

おまけに無風に近く、飛鳥吟行には最高の条件。
野を燒く煙が這い上って多武峰をかきくもらせる。
あらためて飛鳥野を見渡せばかしこに畦焼く煙も立ちのぼって、霞のようである。
春田のずっと先にはたおやかな耳成山がいっそう柔らかく見える。
足もとには早くもイヌフグリが咲き始め、草萌えの春田も起こしてもらうのを待つかのようである。
気分もよくして、望外の出来。ここ二、三カ月の絶不調も上向くかどうか。

4 Replies to “復調か”

  1. まさにうってつけの吟行日和、しかも素晴らしい句の出来に満足感ひとしおでしょうね。
    桜井には親友の実家があり50年来の友情がいまだに続いています。
    多武峰に案内してくれたことはあるのですが記憶は薄れています。
    でもこの句から情景が目に浮かびます。

    1. 昨日は平日にかかわらず珍しく主宰が参加されたので、句会後の酒席で自信作がなぜ採られなかったのかなど、率直に話を聞く機会に恵まれました。

      先客とおぼしき跡の春の泥

      「先客」がダメ。類句あり。
      理由を聞いてなるほどと肯くしか無かったのですが、あらためて思うのは俳句の奥は深い。
      まだまだ初心者の域を脱せずにいます。

  2. 三重へ行く前にPCを立ち上げふと「まほろば句会」を覗いてみました。
    先日の飛鳥吟行で二句も特選に、おめでとう!!
      荒鋤のすむもすまぬも草萌ゆる   
      耳成山をふはとうかべて春田かな   

    私が今月挑戦している作品は
      紅梅にふはとかかりぬ昼の月   中勘助
    昼の月のふは感を出すのが難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です