無事に

颱風を追ひ打つごとく夕茜

不気味な雲が西へ飛んでゆく。

あきらかに台風は去ろうとしているのは分かるが、その黒雲がこれまた不気味にも夕焼けているのだ。
ただそれは尋常の色ではなく、橙がかった色が雲といわず空全般に広がっているのだ。
なにやら不吉を思わせるゆうやけで、これから上陸するという静岡、関東の無事を願うのみである。

2 Replies to “無事に”

  1. 今朝のニュースを見て愕然とする思い。千曲川の堤防の決壊である。
    同じような条件に立つ我が家も他人ごとではない。
    東海豪雨こそ決壊しなかった庄内川の堤防もいつかは・・・

    食料、水、灯りの用意もほぼ完ぺきに準備していたが当地は何事もなく通り過ぎたようだ。
    備えあれば憂いなし。しかし自然条件だけはどうすることもできない。

    1. これだけ多くの一級河川が氾濫するという現実から、これまでの治水政策を根底から見直さなければなりませんが、こういうときに限って国力が疲弊しきっているという現実も横たわっていて。
      この惨状を「まずまず」と言い切る与党幹部がいることにも唖然としますが、そういう政権に麻痺しきっている大多数の国民がいることもまた絶望的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください