発電効率

小寒の屋根に望月昇りけり

満月に少し欠けるくらい。

よく晴れて寒の月が上がって、太陽光パネルを輝かせている。
太陽光パネルの仕組みというのはよく分からないが、冬でも夏に劣らない発電能力があるのだろうかと疑問がもたげる。
入射角が違うから発電効率は落ちるのではないかと思うのだが、どうだろうか。

2 Replies to “発電効率”

  1. 昨夜は満月かと思えるほどでしたが少し欠けていたのかな?

    田舎でも休耕田に太陽パネルを施しているのを見かけるがどんな効果があるのでしょうね。
    どうやって発電してそれをどのように利用しているのかよくわかりません。

    1. 最近休耕田のパネルをよく見かけます。自然エネルギー利用の一貫でしょうが、ビジネス目的である以上、そのつけは消費者の負担に回されているわけです。
      自分ちの屋根で発電してそれを自家消費ないし備蓄するというのが本来でしょう。そのためには、コストのかからない技術開発が急がれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください