規制したらどうか

ふるまちの路地をせましと袋角

観光客が増えるのは喜ばしいが、鹿にとってはは少々迷惑なことも。

奈良に来る外人観光客のある部分のひとたちは鹿が目当てであるようだ。煎餅をおねだりして首を振るのが可愛いと、鹿をじらせたあげく怒らせて怪我をするという話が多い。
ちょっとしたことにも臆病な鹿たちは、ときに町に集団で逃げてくることもある。
狭い路地を鹿たちの群れが走るさまを想像してほしい。あれでは、出会い頭の事故などがあとを絶たないわけだ。年に百頭ほどが事故死ないし大けがを負っている。
スピード規制らしきものがないのもおおらかな一面、奈良公園周辺の渋滞なども鑑み時速20キロ、ないし徐行を義務づけしたらどうだろうか。そのために渋滞がさらにひどくなるのなら、パークアンドライドなどを本格的に検討する時期に來ているのかもしれない。京都の二の舞にならぬためにも。

“規制したらどうか” への2件の返信

  1. 奈良公園の辺りは速度制限があるのかと思っていました。
    鹿の道路の横断は危険ですね。
    可愛い鹿も遠目にはいいけど突然後ろから来られるとやはり驚きます。
    集落への猿の集団も怖いけど鹿も集団行動なんですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です