紙情報

そぼたるる夕刊受くる冬の雨

天気が悪くても新聞が濡れて届くことがなくなった。

配る前の一手間かけたビニールのおかげである。
と言っても配達する人にとっては、この手間がふえることは大変だろうし、まして冬の雨となればちぢこまった体で滑りやすい路面を注意深く走り、一軒一軒配ってまわるのも難儀であろう。
最近はインターネットの普及などもあって、新聞を読まなくなった人が増えているという。
新聞を読まない層が自党の支持層であると放言する与党幹部もいて、たしかに数年にわたる巧妙な印象操作作戦がここかしこに仕掛けられているのは間違いなかろう。ネットというのはご親切にも見たい記事ばかり推薦してくれる仕掛けになってるようで、これがいいか悪いか、得る情報には偏りが生じがちである。
心に余裕をもって紙面を開けば、いろんな分野の思いもかけない記事に啓発、触発されることも多く、偏りがちな思考にいい刺激となってくれるものだ。
なんでもかでもペーパーレス、キャッシュレスの時代だが、とりわけ紙情報はなくしてはならない貴重な情報資源である。各紙も本来の社会の木鐸となるべく、努力を惜しまないでほしいと願う。

2 Replies to “紙情報”

  1. 紙のすべてに愛着があります。
    新聞、書籍の印刷物そして紙そのもの、和紙や洋紙、料紙にまで興味があります。
    最近はその紙自体に悩まされることも多いのですが・・・
    電子書籍は読んだこともないのですがネット情報はさらっと通り過ぎる程度です。
    ローカル新聞を贔屓にしており最も貴重な情報源ですが来年は他の新聞も数か月づつ読み比べてみようと思っている。

    1. 各紙読み比べてみると、長年慣れた紙面以外はやはりどこか読みづらさとか違和感を感じることがありますが、それもまた慣れの問題でそのうち意外に気に入ったりします。
      いろいろ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください