空の具合

山越は霙混じりに変はりけり

明日も雨、ところによって雪になるという。

あまりにも暖かい日が続くので今年は冬タイヤを装着しておらず、明日の飛鳥行きはちょっと心配である。
というのも、盆地のなかでも大阪方面出口にある当地はまず雪の心配はないのだが、盆地南部の葛城から飛鳥にかけては時雨の通り道であり、毎年必ず雪があるところだからだ。
こちらはからっと晴れていても、南部の空が真っ暗になることはしょっちゅうで、雨量も多いにちがいない。
ともあれ、明日の午前中の空を見てどうするか考えることにしよう。

2 Replies to “空の具合”

  1. 雪不足でスキー場が開けなかったり雪まつりの雪がなかったりで困っているところも多いという。
    夕方の天気予報でも初雪が降らないのも何十年ぶりだとか。
    大雪も困るけど年に一度は雪景色も見て見たいと思うのは贅沢だろうか?

    明日のお出かけはお気をつけて!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください