献立

好物を妻に所望の小正月

小正月であり成人の日の今日。

小正月は別名「女正月」。
正月から休みなく家のため働いてきた女たちに許された休日であるが、生まれてこの方身近に見聞きした覚えはない。
昔ほど正月というのは特別なものではなくなってきて、忙しい現代人にはそんな風習もいつしか廃れてきたのであろう。
ともあれ、いつものごとく家人は台所に立ち、今日の夕飯は珍しくも小籠包。
作りたてを食べているのに、あっという間に冷めた料理になってゆく。室温15度はあるのだが、やはり低いのだろうか。

“献立” への2件の返信

  1. 自家製の小籠包、美味しいでしょうね。
    小籠包なるものは中華料理屋さんでいただくものと思っていました。
    中からほとばしる舌を火傷するほど熱々の小籠包、急に食べたくなりました。
    今日は文化センターの初講義、おかゆ専門店で昼食をとる予定ですがひょっとして小籠包があるかもしれません。

    最近料理に手をかけるのが億劫になってきました。
    働き盛りの独身男が一人同居しているので我が家の食生活をかろうじて支えています。

    1. せっかくの熱々の料理もあっという間に冷めてゆくのは残念でした。ポタージュみたいな密度濃いものなら保つんですけどね。
      昔ながらのシンプルなおかずで十分だと思うこのごろですが、頑張ってつくっている家人の料理をありがたくいただいてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください