連結蜻蛉

フロントの窓をかはして赤蜻蛉

いまじぶん田の道を走ると蜻蛉が窓に向かってくるように飛んでいる。

盆の時期に見られる精霊蜻蛉の類いだと思われる。
窓にたたきつぶされるのではないかと、ハンドルを握りながらはらはらするのだがうまく避けてくれるようだ。
ほんものの赤蜻蛉、秋あかねはただいま山からの移動中であろうと想像され、9月の末頃ともなるとつがいの連結したまま空を飛ぶ姿が見ることができる。
しばらく何年もそういう光景にお目にかかったことがないので、今年こそと思っているのだが。

“連結蜻蛉” への2件の返信

  1. 今ごろはお天気さえ良ければ御在所山頂は赤トンボが盛んに空を飛ぶ姿が見られるはずです。
    羽に赤い「G」マークをつけたトンボを見かけたら御在所から飛んできたと思ってくださいね。
    大雨の時トンボ達は一体どこに避難しているのでしょう?

    今朝がた窓を開けようとしたらトンボならね蜘蛛が。
    それもいつも巣を張る蜘蛛ではなくオバケのような大きなのが窓辺に張り付いていてびっくり。
    こんなのに引っかかったら赤トンボはひとたまりもないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください