立ちつくす

まのあたり紅葉且散る浄土かな

紅葉の素晴らしさに見とれていると、たいした風もないのにぱらぱらと音がして崩れるように散ってゆく。

声にならない感嘆のなかで欅の黄葉が散るのである。
葉ずれしながら落ちる音だけがその後も耳に残って、また次の落葉を待ちたいと思った。

“立ちつくす” への2件の返信

  1. 葉っぱによっては散る音さえ異なると言います。
    そんな繊細な音までは聞き分けられないけど落ち方だって風により様々です。
    そんな中でも落葉松の落ち葉の音は独特です。
    降ると言った表現の方が正しいかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください