意を決して

盆の花求めに走る宵のうち

明日は墓参りに行こうと思う。

ただ、その明日はいちだんと暑い日になる見込みだという。
ただ、そんなことを言ってると何時お墓に行けるか分からない昨今である。
腹をくくってというか、意を決して行かねばならぬ世とはなりにけり。

“意を決して” への2件の返信

  1. 帰省のため国道を走行中、愛知も三重も道路に掲げられているのは緊急警戒宣言とか不要不急の県をまたぐ往来の自粛とかの看板が目立ちます。
    自分にとって不要不急とは?
    万全の対策をとっているにもかかわらずやはり県外の車は異端視されちょっと不愉快な思いもした。
    今しかできないことは自分自身で決めたい。人に言われたくない!!

    1. 隣組、国防婦人隊、、、etc。
      自粛警察だの、日本会議だの、戦前の亡霊が根強く残っています。
      古い体質を壊さないまま、過去を清算しないまま今日まできた我が国の現状です。
      声を上げないで、今やオール御用メディアと化したマスコミのの言うところをそのまま妄信していたら気がつけば香港のようになってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください