食習慣

居酒屋に時価となりたる秋刀魚かな

日本の松茸はもはや絶滅危惧種らしい。

それほど収穫が落ち込んでいて、「松茸狩り」などはもう死語に等しい。
菌を育てて松茸の人工栽培が研究されているようだが、実用化にはまだまだという。
庶民にとって秋の食べ物の代表である秋刀魚も惨憺たるありさまで、掲句のような事態になっているかもしれない。
たとえ時価でも仕入れらればいいのであるが、冷凍物だって底をついてしまいかねない今年の不漁である。
日本の食習慣も変わらざるを得ない時代になりつつある。

“食習慣” への2件の返信

  1. 今や庶民のサンマも高級魚となったようですね。
    時価となると如何ほど支払うのか心配でうかうか注文できませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください