旬のもの

腕を吊る妻の指図に牡蠣揚げる

牡蠣を塩ももみするところから始まって。

衣を溶きパン粉をふり揚げる。
なんとか揚がったがこれがうまい。やはり素材、牡蠣自体がうまいのである。
畑で霜に当てたキャベツを刻んでこれも甘い。
旬のものをくらう。これが一番いい。

農作業始め

ワイパーのブレードびびり朝冱つる

明朝も底冷えの盆地になりそうである。

当地に来て放射冷却という言葉が日常のものとなり、天気図を見ただけでああ明日は冷えるなと分かるようになった。ただ、そんな日は昼間の気温が上がるのがお約束なので、晴れの日にやるべきことなどあらかじめ心構えとしてもつことが可能になる。
ということで、明日はじゃがいもの芽出しなど春の農作業の事始めにしようと思う。

新発見

割りてやる老々介護寒卵

納豆、生玉子を混ぜる。

家人の手術であらためて思ったのだが、利き手がきかないと不都合なものは多い。
なかでも包丁は危険がともなうのでなおさらである。
おかげで黄味が偏らないよう、ゆで玉子をうまく作れるようにはなった。ちょっとしたこつがあるのだった。
これからもまた新しい発見があるかもしれないと思うと、老々介護も苦にはなるまい。

空模様

車賃札で払うて雪の駅

それにしても雪の多い年のことよ。

二日に一回は降ってくるような頻度である。
もっとも当地では積もる雪ではない。ひとしきり降ってはやみ、また降ってはやみの繰り返しで、洗濯物などうっかり取り込むのを忘れるとそれなりの被害がある。
家人が毎日天気予報、空模様をしきりに気にしていた理由が、彼女の入院中にしみじみ分かるような気がした。
昨日の退院から家人の右手として包丁を握り、アッシーとしてスーパーにつきあい、それなりに忙しい日々が始まった。

止まらない

葉芽花芽おのがさだめの冬芽かな

寒の真っ只中、花木の芽がはっきりと形を顕してきた。

桜、梅、ブルーベリーなどしっかりと冬芽をつけて冬眠していたが、それらのうち花芽がひときわ鱗茎をあらわにして識別できるようになった。冬芽の転換である。
一定の寒さに合うと休眠が打破され、あとは開花や展葉に向けてまっすぐ進んでゆくだけ。
寒さに当たらないと花は咲かないのである。
これからの気温上昇によって開花時期が左右されるらしいが、もう動き出した芽は止まらない。

着々と

抜糸の日暦に書いて春を待つ

今日は大寒とか、一月のはじめに始まる寒の折り返し地点である。

節分、立春まであとしばらく。
家人が入院して今日で十日、明日退院との連絡があった。副え木みたいなものがとれるにはまだ3週間ほど先らしいが、術後の経過は良好のようである。そのあとはリハビリの通院となる。
待春にはちと早いが一つの山は越えたようだ。

食べない麦

麦を踏む老のそびらの信貴の峰

食べるために育てているのではなく。

冬でも畝を空けない、草を生やして根を張らす、伸びてきたら敷草に。そんな目的で種を蒔いたのだが、今は6,7センチくらい。これを春までに何度かしっかり踏んで霜で浮かせない、腰を強くする、分けつを促すなどの効果を狙う。
一番の狙いは兎に角畝に草を生やして根を張ってもらう。その根には菌が棲みついて土を活性化してくれること。残った根はやがて腐って分解してくれる菌が増える。根が分解した跡は空気や水の通り道になり、新しい作物の根が張りやすくなる。いつまり畝を耕してくれるのである。
雑草も生えない畝は困るので、まずは麦を蒔いたのである。夏には枯れてくれるのでそのうえを西瓜や南瓜の蔓這い、あるいはサツマイモの茎が這う予定である。