おそまきの秋

傷つきし柚子のえくぼを愛しけり
柚子の香をあばたもともに愛しけり
棘とあばたとそれも愛してゆず香かな

まだ棘が残っていた。

枝がまだ若くて伸び盛りの頃、棘もまた成長中のものは柔らかいので見つけては伐っていたのであるが。
今日あたり、色もすっかり整っていい時分だからと手を伸ばすと、その固く成熟した棘の残党にうっかり触れてしまったのだ。
而して、痛みの代償としていくばくかの果実を得たのであるが、今年は数が少ない分一個の大きさも形も花柚子としては上出来のようである。
皮が痛んだものは風呂、殘りはジャムになるだろう。
柚子湯は冬,柚子単独では秋の季語だが、色形ともに美しいのは今ごろである。
林檎、洋梨、そして珍しい冬の梨と、各地からの到来ものに囲まれてデザートのゆたかな今こそわが家の最高の秋なのである。

ジャムに

明日摘まんと思ふ柚子黄のさかりかな

目に見えて黄が濃くなってきた。

そろそろ収穫時期かなと思う。
姫柚子の小粒だが、出来としてはまずまずなのではないか。
捥ぐのは私の仕事だが、ジャムを作るのは家人だ。

厚切りトースト

トーストの焦げ目しつかり柚子のジャム
種残る柚子のジャムとはなりにけり

いろいろな大きさの柚子をもらう。

早速ジャムに煮てもらう。
ときどき種も混じるときがあるが、やや酸味のきいたジャムはあっさりしていてホカホカの厚切りトーストにぴったりだ。それもしっかり焦げ目のついたトーストがいい。

冬至

一様にへそ出し浮かぶ柚子四つ

不用意に柚子をつかみて涙かな

今日は冬至。
当地の日の出は7時。東京にくらべると10数分は遅い。

今夜はいただいた柚子を浮かべて長風呂だ。
へその句。柚子はへその方が軽いようである。みんな出べそを上にして浮かぶ様はこっけいだった。