買い換え

骨痩せてこれが名残の秋簾

簾をすかせて秋の日が随分奥にまで届くようになった。

古びた簾になると隙間が目立つようになって、室内からは外がよく透視できるようになる。その分、簾の機能が減じるわけで光りをより透過するようになる。
こうなるといよいよこの簾も今年で終わりで、来年買い換えねばと思うのである。

“買い換え” への2件の返信

  1. 以前は簾を吊るしたり置いたりした時もありましたがここ十年来は止めています。
    ビニール製だったり葦簀だったり・・・
    でも何だか面倒くさいと思うようになったのは老化現象かもしれません。

    住まいをもっと簡素にして暮らしやすくしたいと思うのですがそのためのエネルギーが湧いてきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください