猛暑の農作業

虫追ひの畦伝ひ行く煙りかな

家族総出で畦の草を刈っては火をつけてゆく。

草取りと害虫駆除を兼ねた作業だろうか。
燃えて盛んに煙りを上げているのもさっきはこちらの畦だったのが、今はもう隣の畦に移っている。

今日は実は「オクラ」を詠もうと考えていたのだが、よく調べると秋の季語であった。
それもそのはず漢字で書くと「秋葵」を当てる。
オクラとはokra、つまり英名なのだそうだ。和名では古くから「ネリ」と呼ばれているものに近いという。
wikiからの受け売り紹介です。

真昼の外出

身を入れる片陰ぞなき真昼かな

片陰というのは真昼には見られない。当然のことだけど。

用があって昼前後に外出せざるを得なかった。行きはいいものの帰りとなるともういけない。
陰を選んで歩こうにもその陰がまるでできないのだ。

上りの道を喘ぎ喘ぎ帰るのだった。

揺籃

揺りかごの写真便りや落とし文

「落とし文」。なんという粋で甘美な響きだろう。

これについては最近知人からホットな写真を送ってもらって初めて知ったのであるが、wikiによると初夏とあるが、むしろ歳時記にも今頃の時分に記載されており、立派な盛夏の季語。
これはゾウムシの仲間とされる虫の仕業で、卵を葉っぱでくるみそれを「揺籃」と呼び葉などにぶら下げておいたり道ばたに落としたりして、卵から孵った幼虫がそれを食べながら成長できる仕組みらしい。ユニークな姿といい、ユニークな行動といい虫の世界もなかなかに奥行きの深いものがある。

写真を勝手に掲載するわけにはいかないので、興味をもたれた方は検索してみてください。

冷やす

深井戸に腕白あつまる西瓜かな


かつて夏の井戸というのは天然冷蔵庫であった。

あの暗い底にトマトや甜瓜、西瓜を投げ込み冷たい井戸水で冷やすのだ。
西瓜が放り込まれると、西瓜などは滅多に食えるものではなかったので、今か今かと気をもみながら何度ものぞき込んだものだ。
子供の頃の記憶をたどると水面にぷかぷかと浮かんでいる赤や黄、緑の色が鮮やかに浮かび上がってくる。

暑い日が続くので今日、マイファームの西瓜を試しに収穫してみた。
というのは受粉後毎日の最高気温の累積が1、000度になったら食べ頃らしいのだ。雨の日もあるので平均25度としても40日後収穫してよい計算になる。
直径は30センチに満たないが重さ8.8キロの堂々たるもの。
理由はよく分からぬが、ものの本によると2,3日寝かせてから食するものらしい。

味の方はまたあらためて報告することとします。

覚悟の瞬間

認知症わずか兆しの土用かな

親が厳しい食餌制限のもとで痛みと闘う最期を過ごすことになった。

もう自分の食事さえ満足に作れなくなった親を在宅で看取るため介護申請して、今日が本人調査日だった。
調査員の方にいろいろ質問を受けるのを傍で聞いていたが、悲しいかな、もう昔の母ではない。10分ほど前に確認した内容はおろか、確認した事柄すら忘れているのを目の辺りにして、家人とも深く頷き合うのだった。

これからの闘いは容易なものではないことを覚った瞬間である。

過酷な

田水沸く適者生存言うものの

田の水が湯のように熱い。

6月も遅くに水が入った田なので、おたまじゃくしが孵ったのも遅かった。
彼らは鷺軍団の猛攻にも耐え、身を寄せながら小さな命をかけて頑張っていたのだが、無事にカエルに成長できたのだろうか。
そういえば、ここ数日は鷺の姿もあまり見かけなくなったようだ。

もう虫が

僧侶来て香煙いよよに地蔵盆

地蔵盆というと全国的には8月下旬頃というのが一般的で、あれを見ると「ああ、夏休みももう終わりだ」としみじみしたものだった。

そう、「地蔵盆」は秋の季語である。
ところが、今日斑鳩の町を走らせていると、同じ通りに立て続きに賑やかに飾られた地蔵盆が行われているのを見た。
もともと陰暦7月23,24日のものがそのまま陽暦7月23,24日に行われているらしい。
「奈良 地蔵盆」で引いてみると確かに当地では7月に行われることが多いようである。

暦の上でも体感の上でもまだまだ夏なのであるが、実は梅雨明けの3日ほど前から家の裏の空き地で虫が鳴き始めている。日を追う毎にその数を増やし、「スイーッチョン」「スイーッチョン」と涼しげだ。
季節の入れ替わりというのは、そんな風に一度に訪れるのではなく前の季節と後ろの季節とがない交ぜになりながら、混沌とした状況のままいつのまにか新しい季節になっていくのだろう。
もう晩夏と言っていい頃だ。夏の句を詠めるのもあとわずかである。