冬支度

千両の実成りを先の楽しみに

まったく私的な冬支度です。
外構工事のスケルトン部分は完工したのだが、肝心の植栽のほうがまったく進んでいないのだ。
土地価格が安いからと言って少々広すぎる土地を買ったものだから、植栽スペースが広すぎるのである。
来春まで丸裸ではあまりにも殺風景ということで、以前から育てていた鉢物なども土におろしたり、今日は幾分暖かいのでホームセンターでいくつかの小低木など買ってきてスペースに植え込みを始めた。
南天とか柊とかまず縁起物からということで、玄関周りには千両などをアレンジする予定。
ちなみに千両というのは葉の上側に花が咲き実をつけるが、万両というのは葉の下側だそうである。再来年の正月くらいには赤い実をつけてくれるだろうか。

入浴剤

薬湯で湯冷めしらずの効果かな

朝晩の寒さを実感する候となった。
入浴後うっかり夜更かしなどしていると風邪など引きかねない。
ところが、10年ほど前から浴剤として生薬のものを用いるようになってからは温かさが保つようになった。夏は夏で、入浴後の爽快感が長続きする。まことに自然のものというのは不思議な力を持つものだ。
問題は、どこでも手に入る商品ではないことだ。
前住所ではたまたま隣駅の駅近くで買えたが、当地ではネットで購入するしかなさそうだが、送料がけっこう高いのだ。

名の由縁

美男とは知らず男の子が真葛

山歩きしていると男の子が真葛の実を集めている。
食べられるらしいが、その味には関心はないらしく実の付いた枝を何本も手にしていた。
かつては鬢つけ油の原料だったことから美男蔓の別名があるらしい。

アリとキリギリス

枯草の住処刈られしバッタかな

庭に大きなバッタが這いつくばっている。
手に取ろうとすると意外に力強く飛んでいってしまった。
そういえば、先ほどから隣地の空き地から草刈りの音と匂いが風で飛んでくる。
きっと雑草にまぎれて今日まで生きながらえていたものが避難してきたのだろう。
ところで、虫の末路というのを今まで目撃したことがないが、果たしてどんなものだろう。あのキリギリスの最後はどうだっけ?

冬の始まり

立冬や吾にまつわるはぐれ蝶

立冬と聞いて暖かい今日のうちに洗車しようと思った。
今週後半には寒さが戻ってくるらしいので。
ごしごし洗っていると一匹の蝶が弱々しく飛んできて傍に止まって羽を休めたり、飛び立ったかと思うとすぐに戻ってきて同じ動作を繰り返す。
異常なほど暖かかった秋なので今日まで生き残ったのかもしれない。

選局

長き夜にアナログラヂオを聞いている

その昔、通勤用にと買ったポケットラヂオは今でも健在である。
選局はダイアルで、微妙なタッチが求められる。
ベストな位置を探るのだが、これかな、いやもう少し、とちょっとでも欲張るとたちまち雑音箱と化す。

テレビ塔の並ぶ生駒山麓にあるせいなのかどうかAM放送は割合よく拾ってくれるのだが、FM放送はどうやってもNHK以外には1局しか入らない。
ようやく、今日比較的最新のオーディオ・コンポのセッティングが終わり確かめてみたがやっぱり2局だけだった。
おそらく大阪や神戸では何局もあると思われるが、そういう電波は拾えないのだろうか。
そういえばテレビでも、NHK総合テレビは奈良県向け(CH1)とその他関西府県向け(CH3)と別チャンネルになっているのも不思議だ。
新参者にとってはCH1でローカルなニュースは歓迎だが、すぐ隣の大阪や、神戸、京都のニュースが見られないのはなんとなく寂しい気がする。おかげで、ローカルの放送時間帯ではCH1とCH3をひっきりなしに往復するはめになる。
奈良県はかの有名な関西広域連合にも参加してないし、関西とはいってもどこか独立独歩の道を歩いているらしい。
県内に入るルートも限られているので、災害時などはたして誰が駆けつけてくれるんだろうかとか、余計な心配までしている。

熊野奥駆け登山道

ポケットは木の実でいっぱい登山道

住宅会社主催の森の見学会に参加した。
かつて吉野杉生産で賑わった川上村で、熊野奥駆けのスタート地点周辺を40分あまり散策する。修験道のコースとしては険しさが並でないらしく最近は敬遠気味だというが、なるほど登りはじめてすぐに息が上がってしまう。
ただ、バスの中では難しい話に沈黙していた児らも、フィールドへ入ったとたん目の色が変わり子供本来の好奇心でずんずん先頭を進んでゆく。
目に付くドングリやらの木の実を片っ端にポケットに突っ込んでいき、ついにはガイドさんのポケットまでもが収納袋となった。